FC2ブログ
page top
3月3日
3月3日を「桃の節句」というのは、季節の変わり目は邪気が入りやすく、桃は古くから厄を祓うもとされていたことと、旧暦では桃の花が咲くころだったことに由来するそうです。
厄を人形に移して祓う「流雛」や貴族などの人形遊びが結びつき、女の子の健やかな成長と幸せを願うものとして、ひなまつりとなりました。
江戸時代は桃の節句、端午の節句を祝日としていました。雛人形はその家の財力を表すものとして、豪華なひな壇を飾るようになり、幕府が大きさを制限したそうです。やがて武家や町民にも広まり、子どもの幸せを願う行事として親しまれるようになりました。
雛人形は早く片付けたほうが良いというのは、「片付けのできない子はいいお嫁さんになれないよ!」という年長者からの戒めや躾のためや、「(旧暦では)梅雨の時期が近いので、虫食いやカビを防ぐため」だったそうです。
最近もなでしこジャパンなど女性の活躍が目立ち、うれしいですね☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 社協日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG