page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ひな祭り
もうすぐ3月3日のひな祭りです。
我が家では、健やかな成長と幸せを願い、お雛さまを飾りました。
雛人形の形は時代によってもさまざまで、「段飾り」や「つるし雛」「流し雛」など、飾り方にも全国各地でいろいろあるそうです。昔からの伝統ある季節の行事を大切にしていきたいです。

ひな祭り
スポンサーサイト
page top
福祉体験学習
2月14日に、川西小5年生の児童が高齢者や障がいのある方に立場を理解し、
共によりよく生きていくための接し方を学ぶ機会として、車いす・アイマスク・シニア体験を行いました。
DSC02112_convert_20140217085101.jpg

体験は二人一組で、体験者と介助者を交互に行いました。
「シニア体験は、腰が曲がったり足が重くなったりして、歩くのも大変になり、
 物を掴んだり見たり聞くのにも苦労しました。」と話していました。

これからも福祉体験学習を行い、福祉への理解や関心を深める機会にしていきたいと思います!
page top
観音様
 昨夜は観音様でした。毎年2月と11月にやっています。私の組合は少なく5人ですが、
和気あいあいと時間が経つも忘れてしまいます。
 以前は、持ち回りの世話人宅で、五目御飯のささがきから、天ぷら、味噌汁等全部手作り
でしたが、ここ3年前から観音様に線香をあげてから、近くの飲食店に行っています。ささ
がきが不得意な私には「ああよかったぁ」が本音です。
 勤めていると、なかなか近所の人との交流が図れないので、観音様は、親睦を図れるよい
機会でもあり楽しみの行事のひとつです。
 今後とも出来る限り、昔からの伝承行事を子どもたちにも伝えていきたいと思います。
page top
しもつかれ
初午の日に作る「しもつかれ」は、栃木県や茨城県など北関東地方の伝統的な郷土料理
だそうです。
作り方は、鮭の頭・節分にまいた大豆・目の粗い鬼おろしですりおろした大根や人参など
を酒粕と一緒に煮込む料理で、材料や味付けは地域やその家庭によって様々のようです。
(ちなみに私は鮭の頭は使わずに身の方だけ入れました)
我が家では「すみつかれ」と呼んで、おばあちゃんや母親が毎年作ってくれました。
子供のころはあまり好きではありませんでしたが、年とともに段々美味しいと思うようにな
り、今年の初午(2月4日)には初めて「しもつかれ」を作ってみました。
なかなかの出来でしたよ
page top
前回のブログ当番のときに、1月20日に県西支部社協職員の防災ボランティア研修に参加してきますと掲載しましたが
参加した感想をお伝えしてませんので、大分日も経過しましたがご報告します。
災害を想定し、仮に学校が避難所となったとき、避難所の一般ボランティア受入れ担当の職員側と、ボランティア側に分かれ、対応の仕方や問題点などシュミレートしたⅤC模擬運営研修でした。
また、カードを使い机上においての避難民受入れ(避難所HUG)では短時間のなかで何を優先し迅速に対応してゆくか
など行い、実のある研修でした。
© 社協日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。